スポンサーサイト

Posted by 葉丸李音 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコゥ

Posted by 葉丸李音 on 22.2010 その他 1 comments 0 trackback
僕がいた
彼女がいた

僕が「何だお前は」と言うと
彼女は「何だお前は」と言って、笑った

彼女は僕が行く先々にくっついてきた

僕が手に取ったものを見ていた
僕が口にしたものを見ていた
僕が耳にしたものを見ていた
僕がにおいを嗅いだものを見ていた
僕が見たものを、見ていた

僕が「楽しいか」と尋ねると
彼女は「楽しい」と言って、笑った

彼女は僕が行く先々にくっついてきた
ずっと、くっついてきていた

僕が「ついてくるなよ」と言うと
彼女は「ついてくよ」と言って、困っていた
彼女は僕の言った言葉の一部でしか喋れなかった。
理由を尋ねてみたが、どうやら答えられないらしかった。
僕は面白がって、沢山話しかけた。
彼女も楽しそうに、沢山返してくれた。

随分長い間彼女と一緒にいた。
けれども、段々と彼女が返しやすい言葉選びをするのが煩わしくなっていった。

僕は黙ってしまった。
彼女は困った顔をして、黙っていた。

黙ったまま、ずっと歩いていた。
彼女も黙ったまま、ずっとくっついてきた。

ずっと、ずっと、ずっと、ずっと……

業を煮やした僕は怒号を飛ばす。
僕は「どこかに行ってしまえ!」と叫ぶ。
彼女は、「どこかに行ってしまえ!」と叫んで、悲しそうな顔をした。

すると、彼女は消えてしまった。
何処に行ったのか、僕には分かるはずがなかった。

ふと、ショーウィンドウに目を遣ると、そこには僕が映っていた。
僕は、僕を見た。
ずっと、ずっと見ていた。
いつまでも見ていた。

▶ Comment

不完全燃焼。
2010.02.22 20:10 | URL | 葉丸李音 #.DCa5Fqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://unbtage.blog81.fc2.com/tb.php/317-1b9906bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。